防虫加工

防虫剤は密封しないと効果がありません 防虫加工とは?

ほとんどの防虫剤は、ゆっくりガス化した防虫剤が収納場所に充満し、虫が近づくのを防ぐタイプの防虫剤です。
クローゼットなどの収納場所を開け閉めすると、ガス化して充満した防虫剤が外に逃げてしまいます。

よって開け閉めが多いほど、防虫剤の効果は半減します。防虫剤は、保管場所を密封しないと効果がないんです。
当店での防虫加工では、衣類全体に加工するので防虫効果が高く、ガス化しないので防虫効果が
次のクリーニングまで持続します。また、いなや臭いが無く、非常に安全性も高いので安心してご利用になれます。

もちろん市販の防虫剤との兼用もOKですし、衣類に防虫加工をしても変色などの問題は全くありません。
クリーニング店の防虫加工がおすすめ

大切な衣類のことを、本気で考えた答えがクリーニング店の防虫加工です!

 衣類を食べる虫は、高級衣類が大好物!
衣類を食べる虫は、主にウール、カシミヤ、シルク(絹)などの動物繊維を食べますが、その中でも特にやわらかいカシミヤなどの高級衣類が大好物です。

カシミヤなどの高級衣類ほど注意が必要です。
衣類の虫は高級衣料が大好きです
【衣類を食べる主な害虫】
衣類の害虫 衣類の害虫 衣類の害虫 衣類の害虫
ヒメカツオブシムシ ヒメ マルカツオブシムシ イガ コイガ
また、綿や麻などの植物繊維やポリエステルなどの合成繊維でも衣類に食べこぼしのシミや汚れが残っていたり、
汗などが付着していると、虫害にあうことがありますので注意が必要です。

衣替えの時期には、必ずキレイにしてから収納をしてください。


当店使用の防虫剤は、数あるピレスロイド系の中でも最強の防虫剤を使用!
害虫の喫食阻害率」というテストで、94.2%という極めて高いテスト結果!
ちなみに、94.2%というのは、
100の内、94.2%が虫食いが起こらないという意味ではないです。

テストは、カツオブシムシを何十匹もテスト用のガラスのケースに入れ、加工した布と加工していない布(ブランク)との虫食いの具合の比較します。
非常に狭い空間に何十匹ものムシを入れた異常(過剰な)状態を作り出してテストします。
ブランクが、全部、虫に食われなくなった時点でテストが終了。なくなると、比較できなくなるから・・・
時間になおすと、15日間のテストです。

かたや、加工した方は、94.2%大丈夫だった・・・
これは、専門家に言わせると、とんでもない数字!普通は、こんな数字はでないそうです。


【注意】
高い害虫の喫食阻害効果を有してますが、100%完全というわけではありませんのでご了承ください。

コメントは受け付けていません。